美顔

活性酸素とアンチエイジング

018951s

若いときと同じようなみずみずしいボディを保ちたいという女性の願いに答えるアンチエイジングケアは、日常的なものとなりました。
老化に対抗し美容からだけでなくカラダの内側も健康で若い状態を保とうとするもので、予防医学の大切さが叫ばれるいまこそ積極的に取り入れたいケアです。

年齢にともなってさまざまな老化現象が現れます。とくに外見的に目立ってくるのがしみやしわです。
顔にできたしみやしわは実年齢よりも人を老けさせてしまいます。

老化の原因として考えられているのは細胞や免疫力の低下のほか、ホルモンが乱れやすくなったり遺伝子が弱っていくことなどですが、近年、活性酸素が増加することによる老化に注目が集まっています

活性酸素は、一見すると酸素が活性化するのだから別段悪いものではなさそうですが、体内で増えすぎると、酸素で鉄がさびるようにカラダをさび付かせる原因となります。

細胞の酸化は老化と直結しているといわれており、老齢による病気の発生との関連性があるといわれています。
動脈硬化や高血圧のほか心疾患や脳卒中、がんなど、しわやしみのほかにもさまざまな病気の原因となるのが活性酸素なのです。

お肌の若返りのためにも欠かすことができない活性酸素対策としてまず、その原因を取り除く始める必要があります。
活性酸素を生み出す要因としては大きなストレスや喫煙習慣、アルコールの飲み過ぎのほか、テレビやパソコン、電子レンジ使用時に発生する電磁波も挙げられます。

対策としていちばん見直したいのが食生活です。
抗酸化物質を中心とした食材を日々のメニューに取り入れましょう。
緑黄色野菜やイチゴ、レモンに多量に含まれるビタミンCは抗酸化作用のあるもののなかでも代表的なものです。
細胞膜に作用して抗酸化性をプラスするビタミンEはごまやうなぎ、ナッツ類によく含まれています。
また、ワインやカカオ、緑茶の成分であるカテキンにも酸化によるダメージを癒やしてくれるポリフェノールがたくさん入っています。

これらの食材をうまく日常の食卓に載せるようにすることから、活性酸素を遠ざけるアンチエイジングを目指しましょう。

 

 


アンチエイジング

zu_nikibi15

 

毎日見る顔だからこそ、きっちりとアンチエイジングケアをしたいものです。

美容の中でもいちばん悩みの多いのパーツの一つが顔ではないでしょうか。
とくに、しわやしみのほか肌荒れや吹き出物など、ちょっとでも顔に表れると、とたんに印象をダウンさせてしまうものばかりです。

見た目年齢はちょっとしたケアでぐっと若返らせることができます。高級な化粧品などを使うのもいいのですが、アンチエイジングは日々のことだと考えれば、まずは手軽にできることから毎日の習慣にしていきましょう。

その第一が洗顔です。とくに年齢とともに肌のトラブルが増えてきている人には真っ先にケアとした取り入れてほしいアプローチです。

とはいっても、間違ったやり方を続けることはかえってしわを増やしてしまったり、シミを広げたりすることにもつながります。

アンチエイジングのための洗顔そしてクレンジングをやろうとして、市販のクレンジング剤を安易に買って使ってはいないでしょうか。とくにオイルタイプのクレンジング剤を使い続けるとその成分の強さのせいで肌を本来保護すべき皮脂まで除去してしまうおそれがあります。

皮脂は顔のてかりや吹き出物の原因になるということでガンガンに落としてしまおうとする人がいますが、それは間違っています。肌は表面上の脂分が適性になるようにしていく保護本能が自然に備わっているため、すべて除去してしまっては逆に乾燥肌になる可能性も高くなります。

クレンジングや洗顔の後で大切なのは、美容成分を補って保湿を意識することです。美白美容液などのなかでもクリームタイプを伸ばしながら顔全体に塗っていき、優しくマッサージする感じで使い続けるとアンチエイジングの近道になるでしょう。

なお、いくら良いケアをしても一日でやめてしまっては意味がありません。日頃の習慣にすることで、少しずつアンチエイジングの効果が現れてきますので、継続は力なりをモットーにぜひ3ヶ月は意識して続けてください。

 

 


気になる毛穴の開き

肌トラブルの悩みはいろいろありますが、美肌のためには毛穴の開きも気になりますよね。
念入りなメークで隠そうとしても、かえって毛穴の開きが際立ってしまうもの。
何とかしたいですよね!
私たちの皮膚は、常に皮脂膜という薄いベールに包まれて、外界の刺激から保護されながら、余分な水分が蒸散しないように、肌の保湿をする役割があります。
その皮脂を作っているのが皮脂腺で、顔では、額と鼻のTゾーン、口やあごの周りに多く分泌されています。
皮脂の分泌量は1日に1~2gほどですが、間違った洗顔や加齢によって皮脂の分泌量が減少して乾燥肌になってしまったり、逆に乾燥肌を守ろうとして過剰に分泌されると、皮膚表面の洗浄作用が低下して、雑菌が増殖したりほこりが溜まってニキビや吹き出物の原因となってしまいます。
そんな悪循環に陥った肌状態では、肌トラブルを起こしても当然なんですよね。
毛穴の開きの原因は、悪循環に陥った肌状態では皮膚の新陳代謝が乱れていることになるわけですから、皮脂や汚れ、メイク料が毛穴に詰まって角栓となり、毛穴の中で酸化状態になっていることが原因です。
また、老化による体の抗酸化力が低下していることも考えられますし、悪い生活習慣や喫煙、ダイエットでも抗酸化力の低下やホルモンバランスの乱れにも繋がって毛穴が開いてしまうのです。

1年のうちで、特に皮脂量が活発になってくる春~夏は毛穴のトラブルに要注意です。
気温の上昇で毛穴は開きやすくなっています。開いてしまった毛穴を引き締めるのはひと苦労です。
症状によっては、プロの手によるケミカルピーリングや吸引パックでケアしないと改善できないほど重症な人もいますが、まずはそうならない予防が大切ですよね。
毛穴の開きを避けるためには、考えられる原因を取り除くと同時に、毎日の正しい洗顔で、余分な皮脂や汚れを蓄積させないことです。
皮膚の新陳代謝も改善されてキメが整い、毛穴の開きが気にならない肌へと改善されるでしょう。
時々は、自分で行う毛穴パックも効果的ですが、パック後は、いつも以上に十分な保湿に心がけましょう。

 

 


既に出来てしまったシミを減らす・・・

女性なら、日々ご自分の肌の調子を気にかけている方は多いと思います。
特に、お顔の肌が荒れていると化粧ノリが悪くなりますし、シミが増えるとファンデーションを厚塗りして隠したくなるものですよね。
こういった肌のコンディションが崩れやすくなる「お肌の曲がり角」は、一般的に25~28歳と言われていますが、できることならいつまでも白くなめらかな美しい肌でいたいと思っているはずです。

特に美白についていうなら、お肌にあるシミの元となる「メラニン」を知っている方は、最近増えてきました。
メラニンは、メラノサイトという色素細胞で作られるもので、紫外線に反応しその生成を活発化させます。
これは、皮膚組織の細胞に紫外線が入り込むのを阻止するために、メラニンが紫外線を遮る傘の役割をするためです。
つまりメラニンは、美白の大敵ですが、本来は決して悪いものではなく、むしろ私たちの生命の安全を守るために機能しているのです。
逆に言えば、この安全を脅かす存在である紫外線からのダメージを予めカットすることで、メラニンの生成を抑制することができるということ。

とはいえ、加齢とともにどうしてもシミは増えてしまいますし、一旦出来てしまったシミを軽減するのはなかなか難しいのが現状です。
そこで大切なことは、「シミを消す」のではなく、「新しい白い皮膚を作る」という意識なのではないでしょうか。

本来、肌は常に新陳代謝を繰り返しています。
日光によってダメージを受けた皮膚であっても、45日ほどのサイクルで、それらの古い皮膚は垢となり、その下から真新しい綺麗な皮膚が生まれています。
夏場に、真っ黒に日焼けした皮膚が剥がれるのも、この新陳代謝のためです。
この新陳代謝を活発に保つことが、白く美しい肌の維持につながるのです。

美顔器やマッサージで血行を促進したり、代謝が上がる栄養素を意識して摂取することも、美肌維持に有効と言えます。
しかし、美顔器の過剰な使いすぎや、マッサージのやりすぎは、逆に皮膚で摩擦を起こし、トラブルの原因にもなります。
これらに十分気をつけて、適切なケアを心がけましょう。

 


リフトアップの方法

年齢が上がってくると、だんだん気になってくるお肌のこと。
スキンケアは念入りにしていても、イマイチお肌にハリが出なかったり、たるんでしまった皮膚を気にしている方も多いのではないでしょうか。
こういったときには「手軽にできるリフトアップ」方法があればいいのに、って思ったことありませんか。

そこで、リフトアップしたいなら、まずは「マッサージ」から始めてみてはいかがでしょうか。
マッサージの中でも、特にリフトアップに特化するなら、やはり「リンパマッサージ」がおすすめです。
リンパマッサージは、滞ってしまったリンパの流れをスムーズにすることで、老廃物の排出を促進し、新陳代謝を上げる効果が期待できます。
また、マッサージそのもので、血流も促進されますから、お顔のリフトアップには効果的です。
ただ、マッサージで起こる皮膚の摩擦は、お肌のトラブルの原因にもなりますから、マッサージを行うときは、クリームやオイルを意識して多めに使うことが大切です。

エステサロンなどで、本格的なマッサージ・ケアを受けられれば一番いいかもしれませんが、エステを続けるのって、時間もお金も大変です。
それを考えれば、初期投資で家庭用美顔器を購入する方が経済的なのは確かでしょう。
特に最近では、微弱電流を使う美顔器や、タッピングに特化した美顔器、さらには超音波を用いたものなど、さまざまな美顔器が流通しています。
リフトアップだけでなく、日頃のスキンケアとして、定期的に美顔器を利用する習慣をつけるのも、良いでしょう。
特にお風呂上がりなど、体が温まった状態の時は、こういったマッサージの効果もより高くなります。
時短という意味でも、タイミングを掴んで、手軽にスキンケアしていきたいものです。

とはいえ、何事もやりすぎは禁物です。
美顔器やマッサージの行いすぎは、少なからずお肌に負担をかけてしまいますから、焦らず地道な積み重ねを意識して、フェイスケアを行っていきましょう。

 

 


そもそもシワは何故出来る・・・

加齢とともに、私たちの顔にあらわれるシワが気になること、ありますよね?
特に毎朝化粧をしていて、ふと鏡を覗いたときに、新しいシワを発見すると、朝からテンションも下がってしまうのではないでしょうか。
目の周りなど、皮膚の薄いところにできる小ジワや、眉間、ほうれい線など、一旦気になってくると、シワの数を数えてしまうかもしれません。
でも、このシワ、諦めなければいけないものなのでしょうか。

シワとひとくちにまとめても、原因はさまざまなことをご存知ですか。
秋・冬など、空気の乾燥が進む季節は、小ジワがとてもできやすい季節でもあることをご存知でしょうか。
一日にしてできる、小さなシワは、お肌の乾燥サインなのです。

また、皮膚の表面がたるむことによって生まれるシワやたるみは、概ねコラーゲンの減少と筋肉の衰えが主な原因とされています。
特に表情筋が衰えると、顔全体の皮膚がたるんでしまうため、顔の輪郭もぼやけてしまい、一気に年をとったような印象を与えがちです。

このように普通に考えれば、加齢とともにシワが増えていくのは、仕方のないことかもしれません。
しかし、原因が多少なりとも分かっていれば、それに適したケアを行うことができます。
最近では、シワやたるみに効果的な美顔器もたくさん出ていますから、エステなど高価なケア以外にも、美しいお肌を守る方法はあるのです。

例えば、EMSなどの微弱電流を用いた美顔器や、タッピング効果の高い美顔器など、表情筋を鍛えるのに適した美顔器は色々あります。
また、丁寧にマッサージを行うことでも凝り固まって萎縮した筋肉をほぐす効果が期待できます。
とはいえ、正しい知識もないまま、闇雲に行うマッサージは、逆効果になることもあります。
マッサージで皮膚を引っ張ったり伸ばしたりした結果、シワを深くなってしまったり、摩擦で皮膚トラブルが起こってしまうこともあります。
こういったことにならないように、マッサージや美顔器の使用は節度を守って行うのが良いでしょう。

 

 


シワを作りにくくするには・・・

加齢とともにあらわれる顔のシワやたるみに、悩まされている女性はたくさんいると思います。
よく話題にのぼる「ほうれい線」や「目尻のシワ」など、鏡を見るたびに憂鬱になりますよね。
こういったシワを防ぐ方法はないのでしょうか。

一般的にお肌の曲がり角は25歳くらいと言われていますが、ある意味二度目の「お肌の曲がり角」は40代とも言えます。
40歳を過ぎると、お肌の水分量も一気に減少しやお肌を構成しているコラーゲンやエラスチンも少なくなります。
また、残っているコラーゲンやエラスチンも、脆く壊れやすくなってしまうため、若い頃のようなハリのあるみずみずしいお肌の維持が難しくなってしまうのです。

しかし、逆に考えれば、このコラーゲンやエラスチン、そして水分量を意識して補給することで、シワやたるみを改善することができるということでもあります。
また、コラーゲンやエラスチンの減少を食い止める意味でも、予防策はあるのです。

例えば、エラスチンが破壊されてしまう原因には「紫外線」があります。
紫外線と聞くと、ついついメラニンやそれに関係のあるシミの原因と考えがちですが、そもそもメラニンそのものも、紫外線から皮膚の細胞組織を守るために作られる色素です。
つまり、積極的に紫外線カットを心がけることで、シミだけでなく、シワのリスクも減らすことができます。

また、お肌の水分量は、お肌の乾燥度合いと直結しています。
お肌が乾燥しがちな方は、それだけ水分が不足しているということなのです。
また、お肌の乾燥はすぐに小ジワなどとして、表面化してきます。こういった小ジワを放置していると、深いシワの原因にもなりかねません。
お肌が乾燥しているなと感じたら、できるだけ早く化粧水を塗るようにしたり、美顔器のモイスチャーモードなど、導入器として美顔器を使うことで、こういった乾燥を防ぐことができます。

基本的に、シワ対策には予防が一番効果的です。
一旦出来てしまった深いシワは、なかなか改善できないもの。
ですから、日頃から健康的な生活習慣と、こまめなスキンケアを心がけましょう。


シミを作らないようにさせるには・・・

白く美しい肌は、すべての女性にとって永遠の憧れだと思います。
昔から、「色の白いは七難隠す」と言われるほどに、美白・色白肌であることは、美しさに欠かせない要素であったようです。
とはいえ、美白肌を維持することはとても大変ですし、加齢とともに肌にはシミもあらわれます。
シミやくすみのない肌を維持するには、どのような予防が効果的なのでしょうか。

一般的に、よく知られているのは「日焼け対策」です。
日光に含まれる紫外線を浴びると、皮膚の中でシミの原因となるメラニンが生成されます。
このメラニンを作らせないという意味で、日光を避けている人もいるのではないでしょうか。
しかし、極端に日光を避け過ぎると、肌以外の部分でトラブルが起こることがあります。

ひとの体にとっても、日光は大切な栄養素です。
日光に浴びない生活をすると、精神的に不安定になったり、体調を崩しやすくなるといったデメリットがあることも忘れてはいけません。
そこで有効なのが、「UVカット」の製品です。
日光の中の紫外線だけを軽減してくれるUVカットの化粧品や衣類はたくさん流通していますし、利用しやすいのではないでしょうか。
日光はしっかり浴びるようにしつつ、必要以上に日焼けしない配慮は大切です。

また、日常的にお肌の休息を用意することも有効です。
多くの紫外線を浴びると、皮膚は少なからずダメージを受けます。
このダメージのケアをするという意味で、定期的にエステサロンを利用したり、美顔器などできちんとマッサージをしたりすることも大切です。
特に家庭用美顔器を利用した場合、自宅で簡単にお肌への水分補給ができることも大きなメリットです。
日焼けした肌は、とにかく水分が失われていますから、超音波型の美顔器などで水分を浸透させることも有効なケアにつながります。

いつまでもシミのない白い肌を維持するためには、特効薬はありません。
きちんと日頃から、予防とケアを地道に施しておくことが大切なのです。