既に出来てしまったシミを減らす・・・

女性なら、日々ご自分の肌の調子を気にかけている方は多いと思います。
特に、お顔の肌が荒れていると化粧ノリが悪くなりますし、シミが増えるとファンデーションを厚塗りして隠したくなるものですよね。
こういった肌のコンディションが崩れやすくなる「お肌の曲がり角」は、一般的に25~28歳と言われていますが、できることならいつまでも白くなめらかな美しい肌でいたいと思っているはずです。

特に美白についていうなら、お肌にあるシミの元となる「メラニン」を知っている方は、最近増えてきました。
メラニンは、メラノサイトという色素細胞で作られるもので、紫外線に反応しその生成を活発化させます。
これは、皮膚組織の細胞に紫外線が入り込むのを阻止するために、メラニンが紫外線を遮る傘の役割をするためです。
つまりメラニンは、美白の大敵ですが、本来は決して悪いものではなく、むしろ私たちの生命の安全を守るために機能しているのです。
逆に言えば、この安全を脅かす存在である紫外線からのダメージを予めカットすることで、メラニンの生成を抑制することができるということ。

とはいえ、加齢とともにどうしてもシミは増えてしまいますし、一旦出来てしまったシミを軽減するのはなかなか難しいのが現状です。
そこで大切なことは、「シミを消す」のではなく、「新しい白い皮膚を作る」という意識なのではないでしょうか。

本来、肌は常に新陳代謝を繰り返しています。
日光によってダメージを受けた皮膚であっても、45日ほどのサイクルで、それらの古い皮膚は垢となり、その下から真新しい綺麗な皮膚が生まれています。
夏場に、真っ黒に日焼けした皮膚が剥がれるのも、この新陳代謝のためです。
この新陳代謝を活発に保つことが、白く美しい肌の維持につながるのです。

美顔器やマッサージで血行を促進したり、代謝が上がる栄養素を意識して摂取することも、美肌維持に有効と言えます。
しかし、美顔器の過剰な使いすぎや、マッサージのやりすぎは、逆に皮膚で摩擦を起こし、トラブルの原因にもなります。
これらに十分気をつけて、適切なケアを心がけましょう。